腎臓病食は宅配で満足【みんなが知るべき便利サービス】

血圧を下げるための食事

看護師

特徴事項とは

高血圧の原因には、遺伝的なものと環境的なものがあります。環境的なものとしては、塩分のとりすぎ、肥満、精神的ストレス、喫煙などがありますが、たいていの場合原因はひとつだけではなく、様々な原因が重なり合って高血圧が発症します。高血圧に重要なのは食事療法です。食事が原因の大部分を占めていることが多いため、食事療法は治療の基盤となります。高血圧の食事療法の特徴は、減塩、適量のエネルギー、動物性脂肪を摂りすぎないことなどがあります。塩分を摂りすぎると、つい白米などの主食もすすみがちになり、カロリーを摂りすぎてしまうという悪循環になるため、減塩が大きなポイントです。物足りなさを補うためには、酸味やだしのうまみを利用するとおいしく食べられます。

注意の払いどころ

高血圧の食事療法には、減塩が非常に重要です。味噌や醤油といった調味料をよく使う日本人は、世界的にも塩分のとりすぎている民族と言われています。そのため、かなり意識して塩分を控えるようにしないとなかなか適正な量にはなりません。注意したいのは、外食や市販のお惣菜、麺類などです。外食や市販のお惣菜は、塩分が多く含まれていることが多いです。最近では塩分量が記載されている店も多いので、塩分量をチェックして選ぶようにしましょう。麺類などは、ついスープまで飲んでしまうと塩分のとりすぎになってしまいます。スープは飲まないようにしましょう。また、食べ物に気をつけるだけではなく、食べ方にも注意が必要です。早食いやかむ回数が少ないと満足感が得られにくく食べ過ぎてしまいます。ゆっくりよくかんで食べるようにしましょう。